代表的なタトゥーを除去する方法のメリットとデメリット

若い頃についカッコ良いと思っていれてしまったタトゥーに後悔する人は多くいます。
温泉やプール等の施設に入れなくなり、歳と取った時にはカッコ悪くなってしまいます。
タトゥーを除去したいけどどんな事をするのか気になりますね。
タトゥーの代表的な除去方法とはどんな物なのでしょうか。

皮膚の切除

タトゥーが入っている部分の皮膚を切除してタトゥーを消す方法です。
一番ポピュラーで効果が期待できる除去方法です。
また除去にかかる時間も比較的短めなのも人気の除去方法なのです。
 

切除のメリットとデメリット

切除によるタトゥー除去のメリットは、タトゥーを消せる事です。
場所や大きさにもよりますが、皮膚ごと切り取ってしまうのでタトゥーは消えます。
デメリットは、切除の後が傷跡として残ってしまう可能性が高い事です。

レーザーによる除去方法

タトゥーの部分にレーザーをあてて除去する方法です。
レーザーでタトゥーの入っている部分の皮膚を焼いて新しい皮膚を生まれ変わらせる方法です。
強い痛みのある除去方法ですが、最近では痛みの少ないレーザーもあります。

レーザー除去のメリットとデメリット

レーザーによる除去のメリットは、傷跡が残らない事です。
切除だと、どうしても傷跡が残ってしまいます。
デメリットは、時間がかかってしまう事と、完全に消す事が出来ない事です。
レーザーによる除去は、タトゥーを消すというよりも薄くする事です。
また一回レーザー除去をしたら3か月は時間を置いてからまた除去をする事の繰り返しです。
何度もレーザー除去を行うので一年以上はかかってしまうでしょう。